[関西] 住める!おしゃれ賃貸まとめ

アクセス抜群なのにコアな街。トミー君が見守る、大阪・十三駅のお部屋まとめ

大阪になじみのある方でないとなかなか読めない難読駅である、「十三駅」。主要駅へのアクセスが良く、商店街もあって意外と住みよい街なのはご存知ですか。そんな十三駅の街とお部屋をご紹介します。

こんな町に住みたいんだ。Vol.3

〈バトン〉を受け取ろう ひばりが丘

”街”より”町”が好きなライターが、本当に住みたい町をジワジワと紹介していきます。第三回目に取り上げるのは西武池袋線のひばりが丘。ずっと残していきたくなる風景が、そこにはありました。

教えて!グッドルーム

頼りになるぞ、無印良品の収納ボックス。用途別のおすすめまとめ

すっきり、片付いて見えるお部屋をつくるために、「色」や「形」のそろった収納ボックスをまとめて持っていると便利です。そんな時、頼りになるのがやっぱり無印良品。用途別におすすめのアイテムをまとめてみました。

#goodevent / tokyo

展覧会をひとつの作品に見立てた新体験-六本木「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」開催

国際的に作品を発表し続けてきたクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会が六本木「国立新美術館」にて開催されています。日本で過去最大規模の回顧展。ぜひこの機会に足を運んでみてください。 アイキャッチ画像:《ミステリオス》 2017 / ビデオプロジェクション(HD、約12 時間)、3 面のスクリーン / 作家蔵 © Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019,…

goodroomスタッフと歩く「住みやすい街」Vol.9

コーヒーと古本の街。もしも清澄白河に住むとしたら始めたい、6つのこと。

暮らす部屋を探す前に大切なのは、まずは自分の足で歩いてどんな街かを知っておくこと。人がやさしい下町の雰囲気を残しつつも、センスの良いおしゃれなお店も多い、清澄白河でできる6つのことをご紹介します。

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.28

「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

ふたり暮らしのインテリア、こだわりが強い2人でも、統一感のある部屋を作るコツは、「理想のイメージを事前に相談して、目に見える形で共有しておくこと」。ふたりだからこそ生まれる発想で楽しくお部屋を作りあげている、1LDKにお邪魔してきました。

教えて!グッドルーム

「いいお部屋を押さえる」ために。「内覧」の予約をとるとき気をつけるべき5つのこと

お部屋を探していて、「いいな!」と思うものが見つかったら、「すぐに中を見てみたい!」と思いますよね。でも、何度も不動産屋さんに足を運んだり、いくつもお部屋を見ていると、「最初に見たお部屋が結局一番良かったのに、もう他の人に取られてしまった…!」なんてことが、よく起きます。お部屋探しはスピード勝負。いいお部屋に決めるために、「内覧」に行く前にチェックしたいポイントをまとめてみました。

#goodnews

「スーツケースひとつでお引越し」。グッドルームの家具・家電つき賃貸「TOMOSマンスリー」始まりました

いま、日本や世界のあちこちを移動しながら暮らす、「アドレスホッピング」な生き方が広がっているのをご存知ですか?持てるものは最小限に、自由に暮らす人を応援するため、グッドルームも「マンスリーマンション」をスタートしました。居心地の良さにこだわった「TOMOSマンスリー」で、ちょっと新しい暮らし方はじめませんか?

#goodnews

人気の連載が本になりました。「真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ」

大山顕さんの人気連載、「TOMOS people お部屋を上から覗いてみよう」が、本になりました!宝島社より、5/17に発売。ぜひ、お買い求めください。

年間連載 by UR賃貸住宅

そうだ、団地に 住んでみよう

緑が多くゆったりとしたつくりで、陽当たり良好。団地って実は自分の暮らしに合ってるかもしれない。各地の団地を訪問し、お話をお聞きします。

お部屋を上から覗いてみよう

TOMOS people

大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらう人気連載です。

Special Feature

私らしく暮らす。賃貸インテリア

小さな賃貸のお部屋でも楽しく暮らすコツを探しに。素敵で自分らしく暮らすお部屋を訪問します。

新着記事

#goodevent / tokyo

展覧会をひとつの作品に見立てた新体験-六本木「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」開催

国際的に作品を発表し続けてきたクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会が六本木「国立新美術館」にて開催されています。日本で過去最大規模の回顧展。ぜひこの機会に足を運んでみてください。

アイキャッチ画像:《ミステリオス》 2017 / ビデオプロジェクション(HD、約12 時間)、3 面のスクリーン / 作家蔵 © Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo © Angelika Markul

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.28

「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

ふたり暮らしのインテリア、こだわりが強い2人でも、統一感のある部屋を作るコツは、「理想のイメージを事前に相談して、目に見える形で共有しておくこと」。ふたりだからこそ生まれる発想で楽しくお部屋を作りあげている、1LDKにお邪魔してきました。

インテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.28

「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

ふたり暮らしのインテリア、こだわりが強い2人でも、統一感のある部屋を作るコツは、「理想のイメージを事前に相談して、目に見える形で共有しておくこと」。ふたりだからこそ生まれる発想で楽しくお部屋を作りあげている、1LDKにお邪魔してきました。

#今日のgooditem from グッドルーム錦糸町PARCO

日当たりも風通しも気にしない。『Brown.』のフェイクグリーンで、手軽にお部屋を彩ろう

6月に入りいよいよ梅雨の季節。じめっとした空気になんだか暗くなりがちな時期だからこそ、緑を取り入れてお部屋を明るくしてみませんか。どんなお部屋でも、ズボラさんでも手軽にお部屋を彩れる、本物さながらの『Brown.』のフェイクグリーンをご紹介します。

街あるき

#goodevent / tokyo

展覧会をひとつの作品に見立てた新体験-六本木「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」開催

国際的に作品を発表し続けてきたクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会が六本木「国立新美術館」にて開催されています。日本で過去最大規模の回顧展。ぜひこの機会に足を運んでみてください。

アイキャッチ画像:《ミステリオス》 2017 / ビデオプロジェクション(HD、約12 時間)、3 面のスクリーン / 作家蔵 © Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo © Angelika Markul

goodroomスタッフと歩く「住みやすい街」Vol.8

学生時代から家族ができても。江古田は、ずっと住み続けたいと思える街でした。

自分がいま住んでいる街を離れたいと思ったとき。それはその街で暮らす「100点」の基準が変わったとき。次に暮らす街を見つけるお手伝いをするのは、街を見るプロの目をもったgoodroom社員です。彼らが本当に住んで、心から良いと思えた街を紹介する連載。第8回目は西武池袋線「江古田」駅です。

部屋探し

教えて!グッドルーム

「いいお部屋を押さえる」ために。「内覧」の予約をとるとき気をつけるべき5つのこと

お部屋を探していて、「いいな!」と思うものが見つかったら、「すぐに中を見てみたい!」と思いますよね。でも、何度も不動産屋さんに足を運んだり、いくつもお部屋を見ていると、「最初に見たお部屋が結局一番良かったのに、もう他の人に取られてしまった…!」なんてことが、よく起きます。お部屋探しはスピード勝負。いいお部屋に決めるために、「内覧」に行く前にチェックしたいポイントをまとめてみました。

#goodnews

「スーツケースひとつでお引越し」。グッドルームの家具・家電つき賃貸「TOMOSマンスリー」始まりました

いま、日本や世界のあちこちを移動しながら暮らす、「アドレスホッピング」な生き方が広がっているのをご存知ですか?持てるものは最小限に、自由に暮らす人を応援するため、グッドルームも「マンスリーマンション」をスタートしました。居心地の良さにこだわった「TOMOSマンスリー」で、ちょっと新しい暮らし方はじめませんか?

[関東] 住める!おしゃれ賃貸まとめ

開放的な部屋で過ごしたいから、あえて選ぶ。関東・ロフトのあるお部屋。

初めての一人暮らしのころは憧れていた、ロフト。でも夏は暑かったり、階段をわざわざ上るのがめんどうくさかったりで、次第にロフトを避けていたかもしれない。でもはしごのような階段のものばかりではないし、何より開放的なロフト暮らし!おしゃれで部屋を広々使えるロフトのお部屋を集めました。

人気の連載

アプリバナー