single.php

築54年の団地で、北欧シンプルな一人暮らし。すっきりと整った1LDKインテリア

UR賃貸住宅 暮らし心地レポート[PR] Vol.9

シェア
築54年の団地で、北欧シンプルな一人暮らし。すっきりと整った1LDKインテリア

築54年の団地の、リノベーションされた1LDKで一人暮らし。片づけや掃除のしやすさも考えられた、たくさんのアイディアがある北欧シンプルスタイルのお部屋に伺いました。

text : Miha Tamura / photo : Tsubottle / 提供:UR賃貸住宅

気になっていた、URの団地

pecoさんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、築54年のUR賃貸住宅、1LDKのお部屋です。

以前から、UR賃貸住宅に住んでいる方の Instagramアカウントをフォローしていて、団地が気になっていたというpecoさん。

「築年数が経っていても中は綺麗なんだな、と。URなら初期費用も安くすむのでいいな、と思っていて。実際にここに内覧にきてみたら、即決でした」

お部屋の決め手になったのは、「日当たりがとてもいいこと。リビングからの眺めもすごくいいんです。玄関からこの部屋に入ってくると、ニヤっとしてしまいますね」

お部屋の決め手になったのは、「日当たりがとてもいいこと。リビングからの眺めもすごくいいんです。玄関からこの部屋に入ってくると、ニヤっとしてしまいますね」

広さは40㎡ほど。もともとは2DKの間取りで、南側のリビング・ダイニングは一つにつなげられてフローリングへとリノベーション済みです。内装が白で統一されていることもあり、とても明るいですね。

広さは40㎡ほど。もともとは2DKの間取りで、南側のリビング・ダイニングは一つにつなげられてフローリングへとリノベーション済みです。内装が白で統一されていることもあり、とても明るいですね。

北側の6畳の和室はベッドルームとして使われていました。

北側の6畳の和室はベッドルームとして使われていました。

「一部屋ぐらい、畳の部屋があるほうが落ち着きます。畳なら、ベッドを買わなくてもいいのも楽でした」

「一部屋ぐらい、畳の部屋があるほうが落ち着きます。畳なら、ベッドを買わなくてもいいのも楽でした」

少し郊外の立地ですが、団地の中心にはスーパーや郵便局、100円ショップなどの入るショッピングセンターがあり、買い物がとても便利なことも決め手だったそう。
ゆったり広々としていて、一人暮らしを存分に楽しむにはぴったりのお部屋です。

多くの時間を過ごすキッチン・ダイニング

家の中で、一番多くの時間を過ごす場所だというダイニングスペース。

家の中で、一番多くの時間を過ごす場所だというダイニングスペース。

ここにいることが多いから、ダイニングテーブルは思い切って大きめのものを。

ここにいることが多いから、ダイニングテーブルは思い切って大きめのものを。

キッチンには、引越す前から「これにしよう」と決めていたという大きなステンレスのワゴン。作業台兼収納として活躍しています。

キッチンには、引越す前から「これにしよう」と決めていたという大きなステンレスのワゴン。作業台兼収納として活躍しています。

吸盤でとりつけるフックやバーを使って「浮かせる収納」を心がけていらっしゃるキッチン。

吸盤でとりつけるフックやバーを使って「浮かせる収納」を心がけていらっしゃるキッチン。

家電や収納ラックなどもなるべく「白」で統一し、使いやすさも、おしゃれさも両立できるよう工夫されています。

家電や収納ラックなどもなるべく「白」で統一し、使いやすさも、おしゃれさも両立できるよう工夫されています。

「浮かせて収納」で整うバスルーム

昔ながらの間取りのバスルーム周りの使い方も見せていただきました。シンプルな洗面台のある脱衣所は、白のワゴンを置いて収納スペースを確保。使いやすく工夫されています。

昔ながらの間取りのバスルーム周りの使い方も見せていただきました。シンプルな洗面台のある脱衣所は、白のワゴンを置いて収納スペースを確保。使いやすく工夫されています。

カーテンで仕切り、「鴨居フック」を活用してバスタオルをひっかけます。

カーテンで仕切り、「鴨居フック」を活用してバスタオルをひっかけます。

バスルームの中でも、吸盤式のバーなどを上手に使って、「浮かせて収納」。掃除のしやすさにもこだわり、すっきりと整えていらっしゃいました。

バスルームの中でも、吸盤式のバーなどを上手に使って、「浮かせて収納」。掃除のしやすさにもこだわり、すっきりと整えていらっしゃいました。

片づけやすく、すっきりと

「すっきり整える」ためのたくさんのアイデアは、ベッドルームにも。ベッドルームの収納は、衣類を半分に収めて、あとの半分はデスクとして活用していらっしゃいます。

「すっきり整える」ためのたくさんのアイデアは、ベッドルームにも。ベッドルームの収納は、衣類を半分に収めて、あとの半分はデスクとして活用していらっしゃいます。

じつは外したふすまが奥に収納されている押入れ。モニターなど見せたくないものには布をかけ、収納ボックスも白や木で統一。

じつは外したふすまが奥に収納されている押入れ。モニターなど見せたくないものには布をかけ、収納ボックスも白や木で統一。

特に気に入っている洋服はハンガーラックにかけていらっしゃいます。

特に気に入っている洋服はハンガーラックにかけていらっしゃいます。

収納力抜群のメイクボックスなど、シンプルなデザインのものが集まるベッドサイド。突っ張り棒を使って目隠しの布をかけるなど、ちょっとしたことでも「すっきり」を叶えています。

収納力抜群のメイクボックスなど、シンプルなデザインのものが集まるベッドサイド。突っ張り棒を使って目隠しの布をかけるなど、ちょっとしたことでも「すっきり」を叶えています。

なるべく床にものはおかず、片づけやすい部屋になるよう心がけているというpecoさん。配線など、ごちゃごちゃしたものはりんご箱の後ろに隠してすっきりと。

なるべく床にものはおかず、片づけやすい部屋になるよう心がけているというpecoさん。配線など、ごちゃごちゃしたものはりんご箱の後ろに隠してすっきりと。

さらに、テレビはおかず、照明と一体型のプロジェクタを使われているため、リビングはとてもすっきりとしています。

さらに、テレビはおかず、照明と一体型のプロジェクタを使われているため、リビングはとてもすっきりとしています。

お友達とカフェ巡りをするのがお好きだというpecoさん。このお部屋に引越してきてからは、近所のお店のケーキや、いろいろなお店で買ってきたお茶を楽しみながら、みんなでまったりとすることが増えたそう。

お友達とカフェ巡りをするのがお好きだというpecoさん。このお部屋に引越してきてからは、近所のお店のケーキや、いろいろなお店で買ってきたお茶を楽しみながら、みんなでまったりとすることが増えたそう。

片づけや掃除のしやすさにもこだわり、北欧シンプルスタイルのインテリアがよく似合う空間になっていた団地の1LDK。みんなで集まって自分たちだけの時間を楽しむ、あたたかで居心地の良いお部屋でした。

pecoさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/peco_danchi/

unnamed
「それならURに住んでみない?」INDEX
Vol.1 「UR賃貸住宅」ってなに?ふつうの賃貸となにが違うの?
Vol.2 「UR賃貸住宅」を借りる時ってどうすればいいの?実際に見学しに行ってみました
Vol.3 「UR賃貸住宅」は初期費用がお得ってどういうこと?具体的にどのぐらい違うの?
Vol.4 「和室」をおしゃれに使いこなす方法を教えて!
Vol.5 「駅からバス」って、やっぱり不便?そんなこともないですよ!お得で便利なUR賃貸住宅の「バス近物件」まとめました。
Vol.6 在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?
Vol.7 一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?
Vol.8 賃貸借契約の保証人ってなに?絶対必要なの?
Vol.9 女性の一人暮らしにも「UR賃貸住宅」がおすすめな理由って?
Vol.10 実際に住んでいる人に聞いてみた!「UR賃貸住宅を選んだ理由」って?
Vol.11 一人暮らし・二人暮らしの「2DK・3DK」の使い方を教えて!

「UR賃貸住宅 暮らし心地レポート」 INDEX
Vol.1 光あふれる団地で、ナチュラルモダンな家具に囲まれた一人暮らしの2DKインテリア
Vol.2 MUJI×URのリノベーション団地で二人暮らし。白を基本に、木のアイテムを加えた2DKインテリア
Vol.3 海の近くで憧れを叶える。工夫がいっぱいの団地二人暮らしインテリア
Vol.4 古くて味わいのあるものと暮らす。団地の二人暮らしインテリア
Vol.5 グレーと白でシンプルに。和室のある1DKで自分たちらしく暮らす、二人暮らしインテリア
Vol.6 広くて明るい2DKで、見せる収納を楽しむ。団地の一人暮らしインテリア
Vol.7 引越しの多い賃貸暮らしでも、自分らしく空間を組み立てる。二人暮らしの2LDKインテリア
Vol.8 韓国風&BOHOミックスのナチュラルな広々リビング。家族で暮らす2LDKインテリア

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
築54年の団地で、北欧シンプルな一人暮らし。すっきりと整った1LDKインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol.60

土間のあるリノベーション団地で緑に囲まれ暮らす。心地よい一人暮らしのインテリア

真ん中に土間が作られた、ラフで素材感の良いリノベーション団地。一目見て、ここで暮らすイメージが湧いてきたという運命のお部屋で、楽しく居心地の良い空間を作っていらっしゃる一人暮らしのインテリアを拝見します。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.47

利便性も、広々リビングも、どっちもほしい。南行徳「ハイタウン塩浜」で新生活を始めませんか

東西線とJR京葉線の2路線が使えて、都心へのアクセスも便利。さらに敷地内と近隣は緑豊かな公園が豊富にある団地、ハイタウン塩浜。広めの間取りをうまく使って、在宅ワークも難なくこなせそう!単身者やカップルにおすすめしたい物件です。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.44

50㎡で8万円台。竹の塚第二団地の3DKで、ゆったり贅沢な一人暮らしを叶えませんか

東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅にあるUR賃貸住宅の「竹の塚第二団地」は、ずばり家賃の安さが魅力です。50㎡の3DKが8万円台で住めるお部屋が中心で、これなら一人暮らしの選択肢にも俄然入ってきますよね。広い空間を手に入れて、自分らしく暮らしたい方におすすめの、竹の塚第二団地の魅力をまとめてみました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom