single.php

「ホテル暮らし」にはお金がかかる? 増えるコストと、減らせるコストを教えてください

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.4

シェア
「ホテル暮らし」にはお金がかかる? 増えるコストと、減らせるコストを教えてください

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第4回は、「ホテル暮らし」を始めてみたいけど、実際、どうなの?という方に向けて、一番気になるコスト面について。ホテル暮らしで増える費用、減らせる費用をまとめてみました。

text : Miha Tamura from goodroom journal

基本となる「宿泊費」は、上手に「サブスク」サービスを利用するのが吉です

ホテル暮らしをする際に基本的に必要となる宿泊費について。
ホテル独自で長期滞在用のプランを設けているところもありますが、最近登場してきたのは、全国にたくさんあるホテルやゲストハウスを月額いくらと決まった価格で利用できる、サブスクリプションモデル。
サービスによって利用できる宿泊先や料金体系も異なりますので、まずは自分に合うものをしっかり吟味してみましょう。

・ Hafh
・ Hostel life
・ goodroom ホテルステイ

・・・など

宿泊費以外にかかるコストは考慮に入れておきましょう

ホテルで暮らすということは、一般的な賃貸住宅で暮らすのとは少し異なりますので、宿泊費以外に必要なコストもあります。

クリーニング・コインランドリー代

ホテルの部屋には洗濯機はありませんので、施設内か、近所のコインランドリー、あるいはクリーニング店を利用することになります。
コインランドリーは、洗濯〜乾燥コースでおよそ1回、800円〜1,000円ほど。
ホテルに置ける荷物量も限られますので、週2回は通うとして、月額でおよそ8,000円、ワイシャツなどクリーニングを利用する場合はもう少しかかります。

食事代

キッチンがついている物件もありますが、基本的にはホテル暮らしは外食、もしくは中食(買ってきたものを部屋で食べる)に。
毎日1000~3000円程度は食費をみておく必要があります。

「ホテル暮らし」で減らせるコストもあります

自由に洗濯や自炊ができないとなると、コスト面で負担が大きいようにも感じてしまいますが、実はホテル暮らしでは減らせるコストもかなりあります。

引越しの「初期費用」がかからない

一番大きなメリットはこれ。
ホテル暮らしの場合、一般的な賃貸住宅で必要な敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料といった高額な初期費用が必要ありません。
ライフステージに合わせて、身軽に住まいを変えたい方、転勤や引越しの多い方にとっては、実は大きく得になるポイントです。

家具・家電や日用品を買わなくていい

もうひとつ、そもそもあまり自炊をされない方にとっては、大型の冷蔵庫や洗濯機などの家電を自前で用意する必要がありません。
また、自炊、洗濯が必要なく、掃除もホテルに任せることができるとなると、細々とした「日用品のストック」も、自分で用意する必要がなくなります。
家事に煩わされることがないと言う、時間的なメリットも考えると、むしろ得になる方も多いのでは。

光熱費・インターネット代がかからない

3つめに、これも大きなポイントとなるのは、光熱費やインターネット代がかからないということ。
特にこれからの季節、自宅で仕事をされる方は、冷房のコストが気になって、つけたり消したり……という方も多いのでは。ホテル暮らしなら、宿泊費に光熱費が含まれていますから、気にすることなくいつも一定のコンディションに部屋を保つことができます。
また、WiFi環境が整備されているところがほとんど。引越しのたびに面倒な回線工事を予約する必要もない、という点も嬉しいです。

コスト面での不安がネックだった方も、こうしてみると、暮らしかたによっては意外にホテル暮らしのほうが合っている、という場合もあるのでは? 「自分に一番合った暮らしかた」を選ぶことで、「支払うのが当然」と思っていたお金も、減らすことができるかもしれませんね。

「身軽な暮らし」の疑問・質問を大募集!

いただいた質問に、 goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。グッドルーム・ジャーナルの取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
「ホテル暮らし」にはお金がかかる? 増えるコストと、減らせるコストを教えてください
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.1

コストも荷物も最小限に「身軽な暮らし」スタートしませんか? 初期費用を抑えられる3つのサービスまとめ

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第1回は、新しい暮らしをスタートしようと思った時、一番ネックになる「お金」の問題について。家具・家電を揃えるコストや、敷金・礼金などの初期費用に縛られず、身軽に生活が始められる3つのサービスをまとめました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.2

「持たない暮らし」ってどうやったら始められる?多拠点生活者が実践するコツと便利なサービスまとめ

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第2回は、去年夏から多拠点生活を送っている私が実践する、「持たない暮らし」のコツと便利なサービスを紹介します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.6

ホテル暮らしの住民票ってどうしたらいい?郵便物は受け取りできますか?

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第6回は、憧れの「ホテル暮らし」を始めるにあたって疑問になる、住民票の扱い方について。どうやって郵便物を受け取ったらいいかなど、具体的に解説します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.5

地方と東京の「二拠点生活」って、どうやったら実現できますか?費用はどのぐらい?

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第5回は、今注目されている、都市部と地方との「二拠点生活」について。どんな生活パターンがあるのか、実際に始めるとしたらどんな方法があるのか、まとめてみました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.3

「丁寧」じゃなくてもいいんじゃない?家事負担を減らしてくれる暮らしかた&サービスを紹介します

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第3回は、一人暮らしや、共働きのご家庭で「家事」がどうも苦手という方に。負担を手放して気楽に暮らすための考え方や、便利なサービスを紹介します。…

アプリバナー