single.php

都内レトロマンションで100の植物と暮らす。全ての緑が住空間の中でデザインされた1DK 35㎡、一人暮らしのインテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.135

シェア
都内レトロマンションで100の植物と暮らす。全ての緑が住空間の中でデザインされた1DK 35㎡、一人暮らしのインテリア

都内の築40年を超えるレトロアパートで100の植物と暮らす。一見、植物園のような緑溢れる空間も、その裏側では闇雲に植物を増やすのではなく意図された空間デザインがありました。インテリアの1つとして植物も生きる住空間を作られているSHINPEIさんのお部屋を紹介します。

text & photo : Tsubottlee

植物をとことん愛でる空間づくり。

dscf9749

現在の住まいに引っ越す前は同じエリアで物をほとんど持たないミニマリストな暮らしをされていたSHINPEIさん。ライフスタイルも変えてしまった現在の住まいとの出会いは向かいにあるお肉屋さんで見かけたことがきっかけだそう。
「買い物に来るたびに雰囲気あって良さそうだなと思ってたところ、賃貸の募集を発見しまして。すぐに内見させてもらったところ、日当たりの良さと吹き抜ける風が心地よく、即入居を決めました。」

そのため、今ある植物はほとんど引っ越してから購入されたもの。好きな海外の写真家の部屋を見て、インテリアへの熱意を思い出すとともにレトロな現在の住まいとの出会いで表現出来る空間が手に入ったとのこと。 「住まいに入った瞬間に、はっと今の空間が浮かんできたんです。まさに住まいの環境がライフスタイルも変えてくれたと思います。」

そのため、今ある植物はほとんど引っ越してから購入されたもの。好きな海外の写真家の部屋を見て、インテリアへの熱意を思い出すとともにレトロな現在の住まいとの出会いで表現出来る空間が手に入ったとのこと。
「住まいに入った瞬間に、はっと今の空間が浮かんできたんです。まさに住まいの環境がライフスタイルも変えてくれたと思います。」

各スペースで見ていくとまず、リビングは幡ヶ谷のBULLPENさんでオーダーしたローテーブルを使用。 「本当はダイニングスペースのところを、ソファを置いてリビングルームとして使ってます。そのため食事もここで取るので、テーブルは少し高めにカスタムしてもらいました。部屋の植物が全て一望できるところが良いですね。」

各スペースで見ていくとまず、リビングは幡ヶ谷のBULLPENさんでオーダーしたローテーブルを使用。 「本当はダイニングスペースのところを、ソファを置いてリビングルームとして使ってます。そのため食事もここで取るので、テーブルは少し高めにカスタムしてもらいました。部屋の植物が全て一望できるところが良いですね。」

住まいの中で最も植物が多いと話されるのがベッドルーム。 「植物に囲まれて眠りにつき、そして朝起きた時の気分は最高ですね。ちなみにベッドの上は、植物の絶好のディスプレイポイントになっています。」 「今はビカクシダをハンギングしてます。歩く上でも邪魔にならないですし、お部屋のジャングル感が一気に上がるんでおすすめです。」

住まいの中で最も植物が多いと話されるのがベッドルーム。
「植物に囲まれて眠りにつき、そして朝起きた時の気分は最高ですね。ちなみにベッドの上は、植物の絶好のディスプレイポイントになっています。」
「今はビカクシダをハンギングしてます。歩く上でも邪魔にならないですし、お部屋のジャングル感が一気に上がるんでおすすめです。」

また植物の多いお部屋だからこそ、他のインテリアも空間にあったものが使われていました。お気に入りだと話すテーブルランプは天然木から削り出されたもの。 「稲熊家具製作所のテーブルランプも幡ヶ谷のお店で見つけたことがきっかけです。」

また植物の多いお部屋だからこそ、他のインテリアも空間にあったものが使われていました。お気に入りだと話すテーブルランプは天然木から削り出されたもの。
稲熊家具製作所のテーブルランプも幡ヶ谷のお店で見つけたことがきっかけです。」

「あえて割れ目がある、ワイルドな表情のものをセレクトしました。」

「あえて割れ目がある、ワイルドな表情のものをセレクトしました。」

住まいの唯一のマイナスポイントだったと話すバランス釜の浴室スペースにも、植物を置くことで空間として、居心地の良い空間に。

住まいの唯一のマイナスポイントだったと話すバランス釜の浴室スペースにも、植物を置くことで、居心地の良い空間に。

住まいの中では100を超える植物があるSHINPEIさんのお部屋ですが、あくまでその存在はインテリアアイテムの1つという位置づけ。植物を収集して闇雲に置くのではなく、必要な場所に住まいとしての空間が成り立つようにレイアウトや工夫がありました。

住まいの中では100を超える植物があるSHINPEIさんのお部屋ですが、あくまでその存在はインテリアアイテムの1つという位置づけ。植物を収集して闇雲に置くのではなく、必要な場所に住まいとしての空間が成り立つようにレイアウトや工夫がありました。

「開口部を設け、その周りを植物で飾ると、奥行きが出てより植物囲まれた住空間を作ることができます。この部屋で言うとリビングと寝室の間の仕切りを植物で飾ることでリビングからも寝室からもジャングルのような緑に囲まれた景色を作り上げています。」

「開口部を設け、その周りを植物で飾ると、奥行きが出てより植物囲まれた住空間を作ることができます。この部屋で言うとリビングと寝室の間の仕切りを植物で飾ることでリビングからも寝室からもジャングルのような緑に囲まれた景色を作り上げています。」

「吊るす植物も、導線外に配置すれば生活をする上では邪魔にならず、グリーンが目に入る居心地の良さだけ活かせるのでおすすめです。」

「吊るす植物も、導線外に配置すれば生活をする上では邪魔にならず、グリーンが目に入る居心地の良さだけ活かせるのでおすすめです。」

「植物は常にスペースから逆算して購入するようにしています。気に入った植物を買ってからどこに飾ろうかと悩むのではなくて、「この場所にこういう色、形の植物があったらいいな」というのを先に決めておいて、そのイメージに近い植物に出会ったら購入するという流れですね。その方が無駄なく飾ることができるし、トータルでバランスのいい景色をつくることができるんです。」

「植物は常にスペースから逆算して購入するようにしています。気に入った植物を買ってからどこに飾ろうかと悩むのではなくて、「この場所にこういう色、形の植物があったらいいな」というのを先に決めておいて、そのイメージに近い植物に出会ったら購入するという流れですね。その方が無駄なく飾ることができるし、トータルでバランスのいい景色をつくることができるんです。」

インテリアとしての植物だからこそ、ここまでのスペースを作り上げるまでには、どのように植物を増やされていったのでしょうか。 「植物は常に大きいものから考えるようにしていました。いわゆるシンボルツリーというものですね。そこから周りを固めるようにサイズも下げながら増やして行きました。」

インテリアとしての植物だからこそ、ここまでのスペースを作り上げるまでには、どのように植物を増やされていったのでしょうか。
「植物は常に大きいものから考えるようにしていました。いわゆるシンボルツリーというものですね。そこから周りを固めるようにサイズも下げながら増やして行きました。」

dscf9803

これだけ植物があると維持管理も大変ではないかと思わず思ってしまいますが、そんなこともないのだそう。
「枯らせてしまう原因は、水やりを忘れてしまい、気づいたら枯れてしまったというパターンがほとんどだと思います。これだけあると忘れようにも忘れられませんから、意外と大丈夫なんですよ。」
それでも環境が要因で枯れてしまうものは最初から買わないようにされているそう。実際に育てていく中で住まいにあった植物を探していくのが大切なんですね。

作りたい気持ちが湧くキッチン。

dscf9724

たくさんの植物が象徴的なお住まいの中で唯一、植物はあえて少なめにされているというのがキッチン。料理で毎日使う場所なため、作業に支障がないようにされているのだそう。見せるように収納にしガチャガチャと並んでる風景がエネルギッシュな感じがして好きなのだそう。
「モノは多いですけど、シンク、ガステーブル、冷蔵庫、シューズラックの高さを揃えて軸を作って、まとまりのある景色になるように意識しています。」

キッチン用具も理想の風景を求めて、カタチから入ったものが多いのだとか。 「スパイスケースは、今使っているものが好きな画家であるジョージア・オキーフのキッチンが理想の絵としてあって購入しました。実際にカレーなどを作るきっかけにもなりましたね。」

キッチン用具も理想の風景を求めて、カタチから入ったものが多いのだとか。
「スパイスケースは、今使っているものが好きな画家であるジョージア・オキーフのキッチンが理想の絵としてあって購入しました。実際にカレーなどを作るきっかけにもなりましたね。」

 料理をされる上で、見た目も機能性も大満足だと話されていたのがバーミキュラのフライパン 「何といってもそのデザインの素晴らしさ。コンロに置いた時はもちろん、壁に掛けたときの姿もかっこいいんですよね。料理をする上でも焦げ付きなく美味しく出来上がるのでステーキや目玉焼きなど、シンプルな料理の時にその真価を発揮するような気がします。」

 料理をされる上で、見た目も機能性も大満足だと話されていたのがバーミキュラのフライパン
「何といってもそのデザインの素晴らしさ。コンロに置いた時はもちろん、壁に掛けたときの姿もかっこいいんですよね。料理をする上でも焦げ付きなく美味しく出来上がるのでステーキや目玉焼きなど、シンプルな料理の時にその真価を発揮するような気がします。」

キッチンで淹れられたコーヒーはお店に並んで購入されたと話すお気に入りのマグカップに。 「NYでご活躍されているSHINO TAKEDAさんのマグカップです。独特のゴロッとしたフォルムと、奥深い色味が気に入っていますね。マグカップはオンとオフで使い分けていて、こちらは休日の時によく使っています。」

キッチンで淹れられたコーヒーはお店に並んで購入されたと話すお気に入りのマグカップに。
「NYでご活躍されているSHINO TAKEDAさんのマグカップです。独特のゴロッとしたフォルムと、奥深い色味が気に入っていますね。マグカップはオンとオフで使い分けていて、こちらは休日の時によく使っています。」

キッチン全体を引いて見た際に、景色を大きく変えてくれたと話されるのがキッチンラグ。

キッチン全体を引いて見た際に、景色を大きく変えてくれたと話されるのがキッチンラグ。

「CASICAで購入したバルーチ族のキッチンラグはバルーチ族特有の渋い色味と細かいデザインと掠れた風合いに魅了されています。ラグもそうですが、クッション、ブランケット、ベッドカバーなど、インテリアファブリックには手を抜きたくないですね。」

CASICAで購入したバルーチ族のキッチンラグはバルーチ族特有の渋い色味と細かいデザインと掠れた風合いに魅了されています。ラグもそうですが、クッション、ブランケット、ベッドカバーなど、インテリアファブリックには手を抜きたくないですね。」

dscf8647

空間の中で生きる植物選びから、生活をされているSHINPEIさん。現在の住まいから次に目指すのは新しい空間作りだそう。
「今の部屋はそんなに広くないですし、正直もうやりつくした感はありますね。この街が好きなので今の住空間をしばらくは楽しみつつ、同時に別空間で新しい植物が溢れる空間作りをしていきたいと思っています。」

dscf9827

新たな空間は別アカウント「SHINPEI 『 ROOM2』」でその進捗を発信されているSHINPEIさん。
こちらは無機質な空間を0から新しくデザインされていくとのことで、今の住まいの知見も活かし、どんなお部屋を作られていくのか、今からとても楽しみです。

shinpei(shin_pei)さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/shin_pei/

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

Tsubottlee(つぼとる)

Tsubottlee(つぼとる)

福岡県出身。アメリカはポートランドで写真を始め、京都・東京・福岡を中心に全国へ素敵な住まいと人の物語を記録と記憶に残しながら旅をする写真家。あなたのお住まいにもぜひ。コーヒー、ビール、美味しいご飯があれば、どんな場所でも幸せに暮らせるタイプです。
Instagramはこちらホームページはこちら

シェア
都内レトロマンションで100の植物と暮らす。全ての緑が住空間の中でデザインされた1DK 35㎡、一人暮らしのインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.146

理想のカフェ空間をDIYで再現。住まいとともに暮らしを磨く1DK 25㎡、一人暮らしのインテリア

都内で1DKの一人暮らし。お気に入りのカフェをヒントに居心地の良いお部屋を自分で手を動かして作り上げる。自らのライフスタイルを楽しみながら、積極的に発信もされているSachikaさんにお話を伺ってきました。…

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.142

愛犬と好きなインテリアを楽しむ、DIYで暮らしやすさにもこだわった1DK 32㎡の一人暮らし

愛犬と1DKで一人暮らし。大切な家族と居心地の良い空間を試行錯誤しながら作り上げる。好きなインテリアも楽しみながら、DIYを駆使して作りあげられた人も犬も住み良いお部屋を作られているおがさんにお話を伺ってきました。…

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.119

インテリアコーディネーターが自分だけに提案する。彩りと明かりと香りにこだわった1DK30㎡、一人暮らしのインテリア

自分の落ち着く部屋作りをされたい方や、住まいのカラーコーディネートに悩まれている方へ。インテリアコーディネーターとして、日々、空間について考え提案されながら。ご自身もこだわりの住空間を作り上げられているtakutoさんのお部屋を紹介します。…

アプリバナー